IPOで初値高騰が期待できるテーマは?【AI、ビッグデータ、クラウド】

IPOで初値高騰に期待できるテーマは何?

 IPO投資で一番気になるのは何といっても初値がどれだけ上昇するのか?ということですね。IPOでは多くの銘柄で公募価格が初値より高くなりますが、それでもテーマによっては公募比で+200%以上するものから上昇が+10%程に収まるものまでいろいろあります。そうした初値上昇の程度は事業テーマによって大きく異なってきます。例えば、「AI」や「クラウド」、「ビッグデータ」など話題性のある新しい事業テーマは、人気化して初値が高騰する可能性が高いです。そのため、こうした人気化して初値が高騰しそうなテーマを把握し、いち早く申込資金を集中させ少しでも当選確率を上げることがIPO投資では重要になってきます

テーマ別IPO結果

AI関連

テーマ期待度
(注目度)
銘柄名 上場日 公募価格 初値 初値騰落率 時価総額 供給額
アトラエ 2016/6/15 5,400 12,720 +135.6% 63.3億円 13.0億円
シルバーエッグ・TEC 2016/9/27 900 2,622 +191.3% 23.2億円 5.1億円
エル・ティー・エス 2017/12/14 680 2,810 +313.2% 22.6億円 4.7億円
RPAホールディングス 2018/3/27 3,570 14,280 +300.0% 165.4億円 19.2億円
コンヴァノ 2018/4/11 930 2,189 +135.4% 19.7億円 8.5億円
HEROZ 2018/4/11 4,500 49,000 +988.9% 121.4億円 7.2億円
テクノデータサイエンス・EN 2018/4/20 3,200 6,350 +98.4% 63.8億円 17.9億円
EduLab 2018/12/18 3,200 3,270 +2.2% 237.3億円 46.4億円
ミンカブ・ジ・インフォノイド 2019/3/19 1,050 1,400 +33.3% 120.4億円 30.2億円

 IPOでは定番の人気テーマ「AI」。AI(エーアイ)という言葉を聞いただけで何やら近未来的な将来性を感じ、それだけで人々の心を揺れ動かし注目の的となるテーマです。過去のIPOを結果を見ても、いかに人気のテーマかがよく分かります。特に「HEROZ」の初値爆騰は有名で、AIという人気テーマに将棋ブームが乗っかり、初値騰落率は驚愕の+988.9%、まさにIPOドリームですね。AI関連のIPOは今後も上場されると可能性が高いので、その際は積極的に狙っていきましょう。

「AI」
 「AI」はArtificial Intelligenceの略で、日本語では「人工知能」と呼ばれています。人工知能は、大まかには「知的な機械、特に、知的なコンピュータプログラムを作る科学と技術」と説明されますが、明確な定義があるわけではありません。もう少し簡単に言うと、「これまで人間にしかできなかったような高度に知的な作業や判断をコンピュータを中心とする人工的なシステムにより行えるようにしたもの」と言えます。AIの活用事例としては、コールセンター業務効率化や株取引、ボードゲーム(囲碁や将棋など)などが広く知られています。また、法務支援や特許検索、医学研究などの分野でも既に利用されているほか、今後も幅広い分野でAIの活用が期待されています。

ビッグデータ関連

テーマ期待度
(注目度)
銘柄名 上場日 公募価格 初値 初値騰落率 時価総額 供給額
ホットリンク 2013/12/9 2,700 7,170 +165.6% 46.9億円 13.9億円
フリークアウト 2014/6/24 2,000 7,000 +250.0% 115.0億円 15.3億円
データセクション 2014/12/24 520 900 +73.1% 43.0億円 11.7億円
ALBERT 2015/2/19 2,800 6,040 +115.7% 47.7億円 8.3億円
ジグソー 2015/4/28 2,390 8,040 +236.4% 66.7億円 6.0億円
ダブルスタンダード 2015/12/15 2,190 5,010 +128.8% 61.2億円 14.8億円
チェンジ 2016/9/27 1,200 2,999 +149.9% 36.3億円 5.6億円
エルテス 2016/11/29 1,790 6,510 +263.7% 38.1億円 4.0億円
フュージョン 2017/2/23 1,140 2,872 +151.9% 7.2億円 1.6億円
ユーザーローカル 2017/3/30 2,940 12,500 +325.2% 103.5億円 13.3億円

 IPOでは「AI」と同じく定番の人気テーマが「ビッグデータ」。ビッグデータのデータ解析や分析を通じて、企業コンサルティングやマーケティング、リスク検知などの幅広い分野に活用する取組みが社会的に広がりつつある中、こうした業務を行う企業の注目度は必然的に高くなります。過去のIPOを結果を見ても、AI関連と同等かそれ以上に人気化することもあり、IPOではまさに初値高騰の鉄板テーマとなっています。また、ビッグデータとAI関連のいずれのテーマ性も持つIPOも多く、こうした案件は積極的に狙っていきたいですね。

「ビッグデータ」
 「ビッグデータ」は、『従来のデータベース管理システムなどでは記録や保管、解析が難しいような巨大なデータ群。明確な定義があるわけではなく、企業向け情報システムメーカーのマーケティング用語として多用されている。』(IT用語辞典)もので、例えば、スマートフォンや インターネット を通した位置情報・行動履歴や、ホームページやテレビの閲覧・視聴に関する情報などから得られる膨大なデータを指しますビッグデータは、インターネットの検索機能や企業マーケティング、業務の改善・効率化に活用する例も増えており、今後も医療や農業、社会インフラ(交通渋滞の緩和など)などの幅広い分野での活用が期待されている。

クラウド関連

テーマ期待度
(注目度)
銘柄名 上場日 公募価格 初値 初値騰落率 時価総額 供給額
サイバーリンクス 2014/3/6 2,400 6,550 +172.9% 32.1億円 6.3億円
コラボス 2015/3/17 3,620 8,600 +137.6% 25.1億円 6.8億円
テラスカイ 2015/4/30 1,700 7,650 +350.0% 22.8億円 3.8億円
スマートバリュー 2015/6/16 1,580 7,030 +345.0% 16.7億円 6.1億円
ラクス 2015/12/9 1,080 3,550 +228.7% 121.7億円 5.0億円
カナミックネットワーク 2016/9/14 3,000 8,600 +186.7% 31.9億円 7.0億円
シャノン 2017/1/27 1,500 6,310 320.7% 19.0億円 2.4億円
ビーブイレクシステムズ 2017/6/15 1,670 7,700 +361.1% 18.7億円 4.7億円
ナレッジスイート 2017/12/18 2,000 5,010 +150.5% 47.5億円 6.8億円
プロパティデータバンク 2018/6/27 1,780 4,100 +130.3% 31.3億円 7.2億円
ロジザード 2018/7/4 900 2,500 +177.8% 23.6億円 7.3億円
システムサポート 2018/8/2 1,750 4,000 +128.6% 39.9億円 12.3億円
チームスピリット 2018/8/22 1,200 2,417 +101.4% 73.1億円 5.5億円
カオナビ 2019/3/15 1,980 3,970 +100.5% 94.1億円 17.8億円

 IPOでは「クラウド」も定番の人気テーマです。クラウド上でデータを保存することで、保存したデータに時間、場所を選ばずにアクセスができるため、インターネットを通じて在庫管理や勤怠管理、システム開発の一元管理などが行えるようになります。企業の業務効率化にクラウドサービスの導入を進める企業も多く、また、新規事業を手軽に始めるためにクラウドを利用するなど、こうしたサービスを展開する企業の注目度は近年、増々高まっています。過去のIPOを結果を見ても、AI関連やビッグデータに次いで初値高騰が期待できる人気テーマといえるでしょう。

「クラウド」
 「クラウド」とはクラウドコンピューティングの略で、データやアプリケーションの一部が自前のパソコンの中にあるのではなく、ネットワークにつながった先(クラウド(雲))に存在し、利用者がインターネットを通じて、サービスを必要な時に必要な分だけ利用する考え方のことです。クラウドを利用することで、ハードウェア導入に伴う初期投資やメンテナンスといったわずらわしい作業を減らすほか、調達期間の短縮、拡張・縮小の迅速さ、セキュリティ、既存のデータセンター環境との連携の利便性などのメリット享受できます。

 

インターネットでお得に取引!松井証券

関連記事

IPOセカンダリー記録

Total損益(税引前) +4,811円
勝敗 12勝 6敗 2分
平均リターン +9.4%
平均保有日数 3.5日
銘柄数 10銘柄

※各銘柄への投資を一律1株として計算。

投資記録

10/12
勝ち サンアスタリ +600円(収益率+22.6%
10/12
引分 まぐまぐ -5円(収益率-0.1%
10/8
負け rakumo -100円(収益率-2.6%
10/8
負け タスキ -395円(収益率-7.6%
10/6
勝ち インタファク +610円(収益率+12.0%
9/29
勝ち まぐまぐ +1,000円(収益率+32.8%
9/17
勝ち インタファク +270円(収益率+4.7%
9/2
勝ち ューラル +10円(収益率+0.1%
9/2
勝ち サンアスタリ +1,350円(収益率+54.0%
9/1
負け インタファク -20円(収益率-0.3%
8/28
負け インタファク -40円(収益率-0.7%
8/27
勝ち Speee +90円(収益率+1.5%
8/27
勝ち 日本情報C +533円(収益率+24.2%
8/20
勝ち Bエンジニア +587円(収益率+28.1%
8/18
引分 サンアスタリ +6円(収益率+0.3%
8/13
負け モダリス -120円(収益率-4.6%
8/7
勝ち サンアスタリ +343円(収益率+22.1%
7/29
勝ち Speee +50円(収益率+1.3%
7/16
負け Bエンジニア -378円(収益率-13.3%
7/10
勝ち Bエンジニア +420円(収益率+14.0%

※日付はポジションを解消した日。

最新IPO情報

  1.  デリバリーコンサルティング(9240)のマザーズへの新規上場が承認されました。ここでは、デリバリー…
  2.  AIメカテック(6227)の東証2部への新規上場が承認されました。ここでは、AIメカテックのIPO…
  3.  ブレインズテクノロジー(4075)のマザーズへの新規上場が承認されました。ここでは、ブレインズテク…
  4.  プラスアルファ・コンサルティング(4071)のマザーズへの新規上場が承認されました。ここでは、プラ…
  5.  Waqoo(4937)のマザーズへの新規上場が承認されました。ここでは、WaqooのIPOに関する…
  6.  BlueMeme(4069)のマザーズへの新規上場が承認されました。ここでは、BlueMemeのI…

証券会社紹介

  1. 2021/3/10

    SBI証券
    1SBI証券 ▌IPOを始めるなら必須の証券会社  口座数500万口座を超えるネット…
  2. 2マネックス証券 ▌IPOの取扱数はトップクラス  口座数190万口座のネット証券の…
  3. 2021/3/10

    SMBC日興証券
    3SMBC日興証券 ▌IPOの当選狙うなら外せない証券会社  口座数350万口座を超…
  4. 2021/3/10

    楽天証券
    4楽天証券 ▌人気のネット証券でIPOを狙う  口座数500万口座を超える、今一番勢…
  5. 5岡三オンライン証券 ▌穴場ネット証券からIPOを狙う  老舗岡三グループのネット専…
  6. 2021/3/10

    大和証券
    6大和証券 ▌安心の総合証券からIPOを狙う  口座数330万口座を超える、大手総合…
  7. 2021/3/10

    野村證券
    7野村證券 ▌業界トップの総合証券でIPOを狙う  口座数530万口座を超える、証券…

IPOセカンダリー投資

  1. 人気IPO株の初値買いはあり?   ここ数年のIPO市場を最も賑わせているのは、『AI(エ…
  2.  IPO株を初値で買おうとする場合に、一番最初に悩むのが、果たして初値が大きく上昇したIPO株は買う…
  3.  IPO投資がしたくても抽選に当たらずになかなかできない、セカンダリーでIPO株を買っても値動きが大…
  4.  ペイロール(4489)のマザーズへの新規上場が承認されました。ここでは、ペイロールのIPOに関する…
  5.  rakumoが9月28日に東証マザーズに上場しました。ここでは、まぐまぐのセカンダリー投資の実践日…
  6.  まぐまぐが9月24日に東証マザーズに上場しました。ここでは、まぐまぐのセカンダリー投資の実践日記を…

アーカイブ

ページ上部へ戻る