IPO過去データ

 ここでは2007年から2020年までの過去14年間のIPOデータを集計し、掲載しています。なお、2013年からは年毎にIPOの振返りをしていますので、そちらのページも参考にしてください。

IPO件数と初値騰落率 

▌2020年の初値は最高値水準

 ここ数年の年間のIPO件数は、およそ80~90件前後で推移。2000年初頭の150件以上あった頃と比べるとやや少ない印象。IPOは景気に大きく左右されるので、2008年のリーマンショック後の数年は低位で推移。公開価格を基準にした初値騰落率の平均は、直近2020年は129.9%と公開価格の2倍を大きく上回る水準で、リーマンショック後では最も高い

▌コロナショックで勝率はやや低下

 IPOの勝率(初値>公開価格の割合)は、ここ数年は9割近くで推移。2020年は3月の上場案件がコロナショックの影響で軒並みマイナス(24件中19件がマイナス)となったため、7割台まで低下。近年で最も高い勝率だったのはアベノミクス相場といわれ株式市場が大幅に上昇した2013年で勝率は96.3%、最も低いのはリーマンショックが起きた2008年の40.8%

▌IPOは3月と12月が活況

 月別でIPOの件数を見ると12月が最も多く、2007年からの過去14年で217社が12月に上場。次いで3月の192社、6月の100社と続く。逆に最も少ないのは1月で、過去14年で1社しか上場しておらず、5月も8社と少ない。月別のIPO勝率を見ると、およそ8割前後が平均となっており、6月と7月の勝率が9割近くで比較的高く、8月が6割台とやや低い

IPOの業種分析 

▌業種では情報・通信とサービスが圧倒的

 業種別にIPOの件数を見ると、情報・通信業が最も多く267社、次いでサービス業の247社となっており、この2業種で全体の半分以上を占める。その他では、小売業が90社、不動産業は65社と多い。逆に、過去14年間でIPOがゼロなのは、石油・石炭、ゴム製品、海運業となっている。

▌情報・通信業の騰落率は突出

 業種別で初値騰落率を見ると、情報・通信業では平均騰落率が93.3%と最も高く、勝率も93.3%と高勝率。情報・通信業のIPOは参加して損のない業種といえる。次いでサービス業では、平均騰落率は74.5%、勝率は83.0%となっており、IPO全体(2007年-2020年)の初値騰落率の平均は80.2%、中央値が46.9%なので、サービス業も十分に高いと水準といえる。逆に、化学、機械、電気機器などは、平均騰落率が中央値を下回っており、情報・通信業などと比べるとやや厳しめの初値になることが多い

業種 件数 勝率 平均騰落率
情報・通信 267 93.3 % 93.3 %
サービス 247 83.0 % 74.5 %
小売 90 件 73.3 % 63.1 %
不動産 65 72.3 % 60.3 %
卸売 41 70.7 % 47.3 %
医薬品 30 件 63.3 % 34.0 %
化学 27 件 63.0 % 31.5 %
機械 25 件 64.0 % 25.5 %
電気機器 23 件 52.2 % 42.2 %

IPOの規模分析 

▌小型IPOの初値騰落率は高水準

 新規上場する企業の株式に対する投資家からの資金供給額(以下、IPO規模)が初値に与える影響を見ると、IPO規模7億円未満の272件では、騰落率が100%超えるものが146件と半分以上を占め、うち61件で200%を超えている。逆に、IPO規模20億円以上の295件で見ると、100%を超えたのは18件と10%にも満ない一方で、騰落率が0%以下となったのは106件もある。

最新IPO情報

  1.  デリバリーコンサルティング(9240)のマザーズへの新規上場が承認されました。ここでは、デリバリー…
  2.  AIメカテック(6227)の東証2部への新規上場が承認されました。ここでは、AIメカテックのIPO…
  3.  ブレインズテクノロジー(4075)のマザーズへの新規上場が承認されました。ここでは、ブレインズテク…
  4.  プラスアルファ・コンサルティング(4071)のマザーズへの新規上場が承認されました。ここでは、プラ…
  5.  Waqoo(4937)のマザーズへの新規上場が承認されました。ここでは、WaqooのIPOに関する…
  6.  BlueMeme(4069)のマザーズへの新規上場が承認されました。ここでは、BlueMemeのI…
  7.  サーキュレーション(7379)のマザーズへの新規上場が承認されました。ここでは、サーキュレーション…
  8.  オムニ・プラス・システム・リミテッド(7699)のマザーズ(外国株)への新規上場が承認されました。…
  9.  コンフィデンス(7374)のマザーズへの新規上場が承認されました。ここでは、コンフィデンスのIPO…
  10.  日本電解(5759)のマザーズへの新規上場が承認されました。ここでは、日本電解のIPOに関する基本…

IPOセカンダリー投資!!成績公開中

Total損益(税引前) +4,811円
勝敗 12勝 6敗 2分
平均リターン +9.4%
平均保有日数 3.5日
銘柄数 10銘柄

※各銘柄への投資を一律1株として計算。

投資記録

10/12
勝ち サンアスタリ +600円(収益率+22.6%
10/12
引分 まぐまぐ -5円(収益率-0.1%
10/8
負け rakumo -100円(収益率-2.6%
10/8
負け タスキ -395円(収益率-7.6%
10/6
勝ち インタファク +610円(収益率+12.0%
9/29
勝ち まぐまぐ +1,000円(収益率+32.8%
9/17
勝ち インタファク +270円(収益率+4.7%
9/2
勝ち ューラル +10円(収益率+0.1%
9/2
勝ち サンアスタリ +1,350円(収益率+54.0%
9/1
負け インタファク -20円(収益率-0.3%
8/28
負け インタファク -40円(収益率-0.7%
8/27
勝ち Speee +90円(収益率+1.5%
8/27
勝ち 日本情報C +533円(収益率+24.2%
8/20
勝ち Bエンジニア +587円(収益率+28.1%
8/18
引分 サンアスタリ +6円(収益率+0.3%
8/13
負け モダリス -120円(収益率-4.6%
8/7
勝ち サンアスタリ +343円(収益率+22.1%
7/29
勝ち Speee +50円(収益率+1.3%
7/16
負け Bエンジニア -378円(収益率-13.3%
7/10
勝ち Bエンジニア +420円(収益率+14.0%

※日付はポジションを解消した日。

証券会社紹介

  1. 10auカブコム証券 ▌ツールが豊富なネット証券でIPOを狙う  口座数120万口座…
  2. 2021/3/10

    松井証券
    9松井証券 ▌初心者に優しいネット証券でIPOを狙う  口座数130万口座を超える大…
  3. 2021/3/10

    みずほ証券
    8みずほ証券 ▌主幹事多数の総合証券  口座数180万口座の銀行系の総合証券。銀行と…
  4. 2021/3/10

    野村證券
    7野村證券 ▌業界トップの総合証券でIPOを狙う  口座数530万口座を超える、証券…
  5. 2021/3/10

    大和証券
    6大和証券 ▌安心の総合証券からIPOを狙う  口座数330万口座を超える、大手総合…
  6. 5岡三オンライン証券 ▌穴場ネット証券からIPOを狙う  老舗岡三グループのネット専…
  7. 2021/3/10

    楽天証券
    4楽天証券 ▌人気のネット証券でIPOを狙う  口座数500万口座を超える、今一番勢…
  8. 2021/3/10

    SMBC日興証券
    3SMBC日興証券 ▌IPOの当選狙うなら外せない証券会社  口座数350万口座を超…

アーカイブ

ページ上部へ戻る